新製品バージョン紹介:

OX App Suite/OX Documents 7.8.4 & OX Guard 2.8.0

OX App Suite 7.8.4

使い易さを追求したEメール、コミュニケーション、そしてコラボレーションのためのオープンプラットフォーム「OX App Suite」がこのたび、バージョンアップされました。新バーションでは、次の新機能が追加されました。

新機能1:Feedback Dialog

ユーザーからのフィードバックは、製品や機能の改善のために、サービスプロバイダーにとって非常に価値のあるインプットです。OX App Suite 7.8.4にFeedback Dialog機能を追加した理由が、ここにあります。この新機能では、OX App Suiteに対する製品全体または各モジュールについてユーザーに評価していただくことができます。ユーザーは5段階評価の他、評価コメントを入力できます。ユーザーからのフィードバックはシステム内に保存され、CSV形式データとしてエクスポートまたはメールで送信できます。

新機能2:Slide Show for Images

新機能の自動スライドショーにより、ユーザーがOXドライブフォルダーに保存する画像イメージをスライドショーとして表示できます。スライドショーを開始する画像イメージはユーザーが任意に選択できます。スライドショーで各画像イメージを表示する時間はユーザー設定で変更できます。

新機能3:Unread Email Folder

OX App Suiteのタブインボックスおよび柔軟なフォルダーツリーによって、ユーザーはメールメッセージを整理できます。今回のバージョンアップでは、このユーザーフレンドリーなアプローチを進化させ、すべての未読メールを確認できる「未読メッセージ」メールフォルダーを追加しました。この「未読メッセージ」フォルダーの表示は、ユーザーが各自の設定で有効・無効を設定できます。 なお、本機能の利用には、メールサーバーとしてDovecotを使用することが必要です。

機能概要

OX App Suite 7.8.4の新機能および機能改良については、OX App Suite Feature Overview(英文)を参照してください。
 資料ダウンロード (英文)

Highlight Slide Deck

OX App Suite 7.8.4 Highlight Slide Deck(英文)は、今回のバージョンアップのポイントをまとめたものです。是非、ダウンロードしてご確認ください。
 資料ダウンロード (英文)

OX Documents 7.8.4

OX Documentsは、テキストドキュメント、スプレッドシートおよびプレゼンテーションの編集・作成に加えて、リアルタイムのコラボレーション機能、バージョン管理、パーミッション管理を提供します。この度、OX Documents 7.8.4へバージョンアップされ、次の新機能が追加されました。

新機能1:Tables of Contents

OX Textは、テキストベースのドキュメント内の既存の目次をユーザーが編集することが可能でした。今回のバージョンアップではこれを拡張し、新規の目次をOX Text内で作成できるようになりました。

新機能2:Formula Bar

OX Spreadsheetは数式をサポートしていましたが、新バーション7.8.4ではツールバーに専用の数式バーが追加されました。この数式バーによって、選択したセル内で数式またはデータを表示し、これまでに比べ効率良く数式を編集して埋め込むことができるようになりました。

新機能3:Placeholders for Presentations & Templates

OX Documentsパッケージの最新モジュール 「OX Presentation」は、プレゼンテーション・スライドの作成・編集・表示に必要なすべての機能を提供します。今回のバージョンアップでは、OX Presentationのスライド・マスター内でプレースホルダーをサポートするようになり、使い易いプロフェッショナルなプレゼンテーション・テンプレートを作成できるようになりました。

機能概要

OX Documents 7.8.4の新機能および機能改良については、OX Documents Feature Overview(英文)を参照してください。
 資料ダウンロード (英文)

新着情報

最新および直近の製品改良の概要については、OXのWebページのWhat’s Newページ(英文)を参照してください。
 Webサイトアクセス (英文)

OX Guard 2.8.0

OX App Suiteのための、堅牢なPGPベースのセキュリティ・アドオン「OX Guard」により、Eメールやファイルを暗号化・復号化できます。今回のバージョンアップで、次の機能が追加されました。

新機能:Encrypted Documents

OX App Suiteはセキュアなコミュニケーション/コラボレーションにフォーカスしてきましたが、今回のバージョンアップでさらに進化しました。OX GuardとOX Documentsを組み合わせることで、暗号化されたドキュメントの作成・編集を簡単に行うことができます。ユーザーは暗号化されたドキュメントを、編集前の復号化・編集後の暗号化の操作を行うことなく、編集できます。ユーザーは、 複雑な操作を行わずとも、ドキュメントの機密性を十分に確保できます。

本件に関して質問または詳細資料が必要な方は、OX Dovecot 株式会社までお問い合わせください。


本ニュースレターは、Open-Xchange発行の英文ニュースレターを翻訳したものです。ここ(英文)をクリックすることで、購読をリクエストできます。